日々のすうがくメモ

数学が好きな子が、もっと数学ができるようになるためのお手伝いをしています。

今日の授業

 今日はガンマ関数が形式的には$\mathbb{C}[t]$上の作用素$t\frac{d}{dt}$の固有多項式と結びつけられることについて説明し、ゼータ関数についてのヒルベルト・ポリヤ予想について紹介した。

 形式的な議論ではあるものの、レルヒの公式を通じてガンマ関数が$t\frac{d}{dt}$と結びつく様子は面白く、お客様にも楽しんで頂けたようで良かった。